ニュースター楽器は

本社と音楽教室(西荻窪センター、阿佐谷センター、カシス鷺ノ宮センター、カシス武蔵関センター)ともに

8月11日(木)~8月17日(水)までを夏季休業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

[PR]
by puppuru1 | 2016-07-29 17:08 | レッスン紹介

こんにちは!
気がついたら梅雨があけてましたね。
これからホンモノの夏が来る!

さて今日はトロンボーン講師の向江平八郎先生にインタビューしてみました。

b0153560_17512444.jpg


クロダ(以下ク)「先生はトロンボーンをはじめたのはいつからですか?」

向江先生(以下向)「小学校の吹奏楽クラブからなので、小4からです」

ク「トロンボーンを選んだきっかけは何だったんですか?」

向「選んだというより、背が高くて大きかったのでトロンボーンをやらされました(笑)ほんとうはトランペットがやりたかったんです(笑)」

ク「あー、先生背が高いですもんねー。そういう身体的なところで楽器をあてがわれるのって良く聞きますね(笑)でも、結果トロンボーンにハマったわけですよね?」

向「そうですね。気がついたらなんか良かったですねー。トロンボーンの低音のあたたかみのある音も好きだし。吹奏楽とかだと伴奏側から音楽を作り上げるような楽しみも覚えましたね。オーケストラなんかだとトロンボーンの音量で全体を支配してるような感覚になる時があってそれも気持ち良いですね。」

ク「では、そのまま中学高校とトロンボーンを続けたんですね?」

向「いや、中学の時はずっとサッカーをしてました(笑)でも高校に入ってもう一度吹奏楽でトロンボーンをやりたくなって、そのまま音大に行くことになりましたね」

ク「そして現在に至るって感じですね。確かに先生は背も高いしスポーツマンな雰囲気もありますね。それはサッカーやってたからですね。」

ク「最後にこれからトロンボーンをはじめたい方に向けて一言お願いします」


向「トロンボーンってなかなか気軽に選ばれる楽器ではないですが、とてもあたたかい音で魅力的です。昔吹奏楽部で演奏してた方や、これからはじめてみたい方はぜひ一度体験レッスンにいらしてください!きっと楽しいですよ!」

ク「ありがとうございました。これからも素敵なレッスンをよろしくお願いします!」

ニュースター楽器のホームページはコチラから!無料体験のお申し込みも出来ます!

こちらもポチッとお願いします♪

音楽教室 ブログランキングへ
[PR]
by puppuru1 | 2016-07-21 18:05 | 講師さん紹介

ニュースター楽器で2009年12月からチェロを習い始めたので、チェロ歴は6年半。
アマオケには2014年7月に入団したので丸2年たちました。

というワタクシですが先週、アマオケに入って4回目の演奏会を経験してきました。
今回はメインがチャイコフスキーの交響曲第5番。チャイ5ってヤツです。
他にシベリウス「カレリア序曲」メンデルスゾーン「真夏の夜の夢より序曲、スケルツォ、ノクターン、マーチ」と盛り沢山。

まずは舞台づくり
b0153560_16562210.jpg


そして今回はここに座ります。
b0153560_1657079.jpg

弦楽器は二人一組でプルトというのを組んで同じ楽譜を見ます。
前から順番に座って行きます。1番前が1プル、2列目客席側が2プル、2列目奥側が3プルです。
そして舞台側に近い方が表、遠いほうが裏。
なので私は3プルの表です。

4回目のステージなのでだいぶ慣れてきました。
まずはリハーサル。本番と同じ曲順で全曲通します。途中指揮者からの指示も入りなんだかんだで2時間半以上かかりました。疲れましたがその一時間半あとに本番です。

ステージ袖で本番がはじまるのを待つ間も、前はドッキドキだったのですが慣れてきましたね。
もちろん緊張はするのだけれど、仲間と一緒なので心強いしね。
そういう意味では弦楽器は良いですね。
フルートなんて1人でソロみたいな場面メッチャありますから。
尊敬しちゃいます。

そんな感じで2時開演でカレリア序曲、真夏の夜の夢の演奏をし、休憩挟んでチャイ5でした。
b0153560_17141723.jpg


チャイ5はホント美しいし楽しいし盛り上がります。
演奏会が終わるまではほとんど毎日聴いてましたが、全然飽きることがない曲です。

演奏はもちろんたくさん失敗もしましたが、素敵な仲間たちと楽しく演奏できました。
来てくれたお友達からも良い感想も頂き、嬉しいかぎり。
演奏の技術的なレベルではプロオケのようには行きませんが、この曲を演奏したいというような情熱はアマオケならではの演奏になると思います。

まだまだ下手くそなので、日々練習ですがオケはホントに楽しいですね。

次回は1月にドボルザークのレクイエム。
まだまだチャイ5の余韻が抜けきれないけど、こちらも良い演奏になるように頑張りたいです。

ニュースター楽器のホームページはコチラから!無料体験のお申し込みも出来ます!

こちらもポチッとお願いします♪

音楽教室 ブログランキングへ
[PR]
by puppuru1 | 2016-07-05 17:18 | 生徒さん演奏!